新着情報

2011/5/31 火曜日

tuuhan20106-015.jpg 

【京うちわ 阿以波】

創業1689年(元禄2年)
初代長兵衛が近江の国の“饗庭(あいば)”より、京都に出て店をひらき
御所うちわの技法を京うちわとして今に伝える。

京うちわは、うちわ面と柄を別に作り、後から柄を差し込む「差し柄」構造が特徴で
原材料にも細心の注意が払われ、柄は漆に金彩を施すなど優美さを極め、
その高度な技術と伝統を受け継ぐ。

現当主は十代目となる。